blog|Casa design アーカイブ

建築

『通り土間の家』地盤改良

先月の地鎮祭から約一月、本日より『通り土間の家』工事着手です。

6月2日には配置の最終確認を行い、建物位置を30センチ移動しました。
現場に向かう途中、思いついてホームセンターで購入した青スプレーが活躍。
合わせて申請図面も修正し、確認申請も無事終了!
青スプレーで書いた修正ポイント
一昨日、6月22日には現地で地盤調査会社さんと打合せだったのですが天候は大雨。
車から出られず、お互いピッタリ並べて停めた車の窓を開け、隙間に傘を差しての
実にシュールな打合せ風景でしたが、必要な内容は確認することができました。
終わった途端小降りになるという・・・ね。

そして今日6月24日、地盤改良工事着手です。
天候の影響で、できない→できる→・・・を繰り返し、やっぱりできる!となりました。

今回の地盤改良は“柱状改良”といい、大型のドリルのような機械で地面に直径60センチの穴を
掘りながらその場の土・固化材・水を撹拌して杭を地中に作る工法です。

この柱状改良の他、“表層改良”や“鋼管杭工法”などといった改良方法もあり、コスト的には
表層改良<柱状改良<鋼管杭 といったところです。
地中にあった埋設物撤去にともない地盤を掘削したため、地盤改良が必要な事は以前から
分かっていましたが、どんな改良方法になるかは調査結果次第。

この改良工事自体は26日で完了し、7月からはいよいよ本体工事着手です!


2017-06-24 | Category 通り土間の家 《NEW!》, 建築 

 

『通り土間の家』地鎮祭

豊田市『通り土間の家』で地鎮祭が行われました。

敷地四隅に立てられた榊と紙垂(しで)。
敷地角にある紙垂の写真
お施主さんのお母様が遺された花壇にある下草に乗った切麻散米(きりぬささんまい)。
清払いの際に撒かれる紙吹雪の事です。
下草の上に乗った切麻散米の写真
午前中で設計・監理の契約と工務店さん工事請負契約も無事終わり
心配された天気も午後には雨が上がって、地鎮祭が終わるころには晴れ間も見えてきました。
Oさん、本日はおめでとうございます^^


2017-05-26 | Category 通り土間の家 《NEW!》, 建築 

 

モールテックス

塗れば何でもモルタル仕上げの風合いに!
木・ガラス・金属、ほぼ何にでも塗れる左官材料“モールテックス”。

モールテックスのサンプル。モノトーン系7色を並べたところ。
モールテックスのサンプルの写真
今打合せをしている物件のため、見積もりを取ったり問い合わせをしたりしていたら
施工をしてくれる左官屋さんがわざわざモールテックスの説明のため二人で来てくれました。

偶然ですが、うちお一人は僕が独立する前に別の県、別の会社で関わりのあった方。
こんな形で再会できるとは・・・不思議なご縁ですが嬉しいものです。
お話を聞いていると、左官業界にイノベーションを起こしていきたいという熱い気概を感じ
左官仕上げ大好きな僕としては本当に頼もしい限り。

石原左官さん、ありがとうございました!


2017-03-31 | Category 建築 

 

両親の家

これまで『落合の家』としてWorksに載せていた物件の名前を『両親の家』と改めました。
元々この家はこの名前にしたかったのです。

『両親の家』という名前を躊躇った理由は、自分の実家なのが丸わかりになってしまうのと
あと住人として祖父もいるから(笑)
今回改めて撮ってきた写真と、これまで里帰りした折に撮った写真を見返しているうち
やっぱり細かい事は置いといてこの家は好きな名前で行こうと思いました。

設計をしていたのは独立以前の2010年頃で、これは当時の精いっぱい。
今だったらこうするだろうな~という所はたくさんありますが、思い入れは深い家です。

Works『両親の家』へ
ダイニングのペンダントライト


2017-02-01 | Category 両親の家, 建築, お知らせ 

 

一文字の家

Worksに『一文字の家』を追加しました。

Worksへ
一文字葺の外壁と木製ルーバー


2017-01-15 | Category 一文字の家, 建築, お知らせ 

 

碧南の家

2016年最後、『碧南の家』をWorksに追加しました。
Worksへ
ボルダリングができるリビングの写真
みなさま本年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。
良い年末年始を過ごされることを願っています。

Casa design 冬季休暇について
2017年1月1日~1月7日までをお休みとさせていただきます。
この間、電話やメールなどの対応が遅れてしまうかも知れませんが
頂いたご連絡には必ず折り返しをいたします。
ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

それでは良いお年を!


2016-12-31 | Category 碧南の家, 建築, お知らせ 

 

『一文字の家』引き渡し

うまい具合にクリスマス当日、岡崎市『一文字の家』の引き渡しが行われました。
Nさん、おめでとうございます!
岡崎市 一文字葺の外壁 外観写真
テーマとして“アジアンリゾートな雰囲気にしたい”という要望が当初からあり、
住宅が密集する市街地でそれをどのように解いていくかが課題でした。
その雰囲気を最大限演出するための入れ物(=家)はこれで完成したので
あとは小物や雑貨、水鉢、植物など一貫したテーマを持って追加して行くことで
どんどん“らしさ”が出てくると思います。

設計開始から完成まで1年ちょっと。
初回プランと実際に完成した家とで、これほど何も変わらなかった事は初めてです。
途中、こんなに順調でいいんだろうかと逆に不安になるぐらいに(笑)
でもそれは提案した内容が1発で期待に応えられている、ということなので
設計者としては目指すべき理想の形であるし、とても嬉しいことなのです。
高額な部類に入る一文字葺きの外壁も含め、こちから提案したほぼすべてのことを

「いいですね、いいですね」

と言って聞き入れて下さった施主のNさん。
これでいいんだという自信にもつながり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
いい家になったと思います!ありがとうございました!

PS.Nさん、昨日外構工事の様子を見に行ったら、ほぼ完了していましたね。
正面の植栽は等間隔ではなく、玄関側と木製ルーバーの前部分に集中させるよう
外構屋さんに直接お願いしておいたので、シダ類がすごいワサワサしてました。
ダイニングからも木製ルーバーの隙間越しにその様子が見えるはずです。
快晴の日を狙って外観写真だけ別で撮りに伺いますので、そのときにまた^^


2016-12-27 | Category 一文字の家, 建築 

 

『一文字の家』おさらい

現場に行って確認して写真を撮ることは、いつも通りやっていました。
11月初旬から予定外の事がいくつも重なりすぎてブログを書いているような場合ではなく、
『一文字の家』の、工事後半の進捗状況がまったく報告できていませんでした。

今更になってしまい、施主のNさんに申し訳ないやら情けないやら・・・
今回は順を追い、撮りためていた現場写真を抜粋で紹介しようと思います。

フローリングが貼られ始めた頃。
“ローマンチーク”という名前で売られている、色合いがチークに良く似た木材です。
ローマンチークのフローリングの写真
コンセントBOXを納めるため、柱と柱を少し離して立てています。
予定通りにピッタリ納まりました。
コンセントを取り付けた写真
洗面室に付けたスチールの物干し竿は加治屋さんに作ってもらいました。
スチールの物干し竿
キッチンのレンジフードを囲う垂れ壁。
キッチンレンジフードの囲い
レンジフードは取り付ける高さの基準が決まっていて、それが結構低いのです。
あれに頭をぶつけるなと言うのは、身長175センチ以上ある人にとっては無理というもの。
最初は気を付けていても、いつか必ずやらかします。
その際被害を最小限にするため、角部分を数センチ面取りしてあります。

ウッドデッキの目隠し用木製ルーバー(の原寸模型)。
現場で大工さんが見え方を確認するために作ってくれていました。
木製ルーバーの写真
キッチンの腰壁は墨モルタルの左官仕上げです。
素材感がそのままあらわれるので、最近とても気に入っている仕上げ方。
ただ、この仕上げ方でもっともっと狙った通りの表情を自在に作り出せるように
左官屋さんは腕を磨いてほしい。難しいのは十分理解しているけれど。
モルタル塗りのキッチン腰壁の写真
スキップしているバルコニー同士を繋ぐスチール階段。かなり重いです。
男3人がかりで運んだのですが、もう2階への階段上がってる途中で死ぬかと思いました。
運搬中のスチール階段の写真
無事、死なずに設置完了です。
バルコニーに設置したスチール階段の写真
いよいよ完成。夜間に照明をチェックしに行って来ました。
ウッドデッキに設置したマリンランプに照らされた、中庭の白い外壁。
ウッドデッキと中庭の照明
中庭のマリンランプと、天井の間接照明だけでも室内は良い感じです。
Nさん、先日言い忘れましたが、この照明チェックのとき気づいた事があります。
今の時期、夜中11時頃に全部照明を消してリビングから東南の空を見てみてください。
ちょうど吹抜のFIX窓からオリオン座が見えますよ^^
マリンランプと間接照明
後半を駆け足で振り返りましたが、実は去る12月25日、ちょうどクリスマスの日に
『一文字の家』の引き渡しをしました。
それはここにまとめず、この次のブログに書こうと思います。


2016-12-26 | Category 一文字の家, 建築