blog|Casa design アーカイブ

建築

ワクワクすること

手帳によると2016年の1月29日、『通り土間の家』の施主Oさんとは初めてお会いしました。
先日現場で思い出話をしている中で、出会ってから3年近いんじゃないかという事で
落ち着いたのですが、正確には2年近くですね。
「3年」で全然違和感を感じないほど、これまでの時間は濃かったという事です。

その第一回、提示したファーストプランは、良くも悪くも模範解答的な間取り。
ソツなく要望を平面に落とし込んでみましたというような・・・これは僕がまだOさんの
潜在的な要望、真に何を求めているのかを読み取れていなかったからに他ならず
“悪くはないんだけどワクワクしない”ということで、再度機会をもらって次回へ。

そうして少し考え方を変えたプランを作り、やや緊張しながら設計趣旨を伝えたところ
今度はニコッと笑って「ワクワクしてきました」と。あれは嬉しかったですね~。
その後は「もっとワクワクしてきた」「しなくなった」「してきた」を幾度となく繰り返し
晴れて今日、ワクワクする家を引き渡す事ができました。

とてもシンプルな“ワクワクするかどうか”という尺度。

その尺度で物事を判断・選択していくOさんの考え方が僕はとても好きでした。
これほど自分の直感に正直な判断基準も無いと思います。
じゃあ何が何でもワクワクしてもらおうとアイデアを出しながら進めていく毎回の
打合せは、本当に楽しいものでした。

時には思わぬ法律上の壁が立ちはだかった事もありました。
本当にどう解決しようかと眠れない夜を過ごしたことも一晩や二晩ではありません。
そんな時に励まし、励まされながらともに歩んできた施主のOさんとの間には、いつしか
強い絆のようなものが生まれていた気がします。
少なくとも僕はそう思っています。

今回の家づくりでは仕事に対する姿勢、その他多くの事を学び、多少なりとも成長させて
もらいました。そしてその過程で少し神経も図太くなったかなと(笑)
そのきっかけを下さったOさんには心から感謝申し上げます。
またこんな僕を信頼して家づくりを任せていただき、本当にありがとうございました。
施工を担当して下さった後藤建築さんをはじめ、多くの職人さん方や専門家の方々にも
この場を借りてお礼申し上げます。
今後も設計を続けていく上で、今回の経験は大きな支えになってくれると思います。

最後になりますが、本日はお引渡しおめでとうございます。
まだしばらくは連絡を取り合う日々が続きそうですね^^
そうこうしているうちに、すぐ初回の点検です。まずはそれを楽しみに、そしてその後も
変わらぬお付き合いをお願いいたします!
地鎮祭の写真


2017-12-25 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築 

 

『通り土間の家』写真撮影

『通り土間の家』の竣工写真を撮影してきました。
良い写真がたくさん撮れたので、選別で本当に悩みそうです。
NEX-7での建築写真撮影
カンガルーファーンの苔玉
もちろん外からの写真も撮ってきましたが、本当は外観写真だけは数ケ月後にもう一回
撮り直したいんですよね~。今回の写真には、まだ大事なものが欠けているんです。

庭にある、1本のシダレザクラ。

この家のファサードを形成する要素、すべてはこの1本の樹のため。
切妻屋根や木格子、そとん壁の外壁も、このシダレザクラとの対比を念頭に作りました。
春、桜が満開になる季節にまた改めて伺いたいと思います。

さあ、明日は引き渡し!
これまで大切に育ててきた家を、やっとOさんの手に渡すことができます。
もうあと15分もすれば当日だというのに、まだその実感は湧いてきません。


2017-12-23 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築 

 

OPEN HOUSE 終了

『通り土間の家』のOPEN HOUSE が無事終わりました。
イームズハウスバードのシルエット
玄関と通り土間の間にはスリット状のガラスが入っています。
ガラスの手前にも少しだけ石を置いて空間同士の繋がりを演出。
玄関土間に敷かれた割ぐり石
休憩中には電球を別の種類に付け替えてみたり・・・。
真鍮の照明器具が付いた和モダンのインテリア
存在感抜群のモールテックスカウンター。
モールテックスのカウンター
準備で忙しく、開催前日まで“まぁ無くてもいいか・・・”と思っていたオープンハウス看板。
やっぱりどうせなら欲しいなと思い直し、急ごしらえですが描きました。
事務所のロゴだけってのがまたオシャレですねー。もう自画自賛(笑)
オープンハウスの看板
会場まで足を運んでくださった方々、そして2日間家を貸してくださったOさん
この度はありがとうございました!


2017-12-18 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築 

 

モールテックスのカウンター

『通り土間の家』の作業用カウンターは“MORTEX【モールテックス】”で仕上げます。
外壁の“そとん壁”とあわせて、名古屋市の石原左官さんにお願いしました。
ベルギー発の左官材料で、モールテックスの施工にはしっかりした技術・知識が必要なため
左官屋さんなら誰でも扱える訳じゃないんですよね~^^
モールテックス仕上げのカウンターの写真
一旦塗ったあと乾燥を待ち、日を変えて表面をグラインダーで研磨して完成です。
モールテックスで仕上げたキッチンカウンターの写真
出隅部分もきれいに。
モールテックスで仕上げたキッチンカウンターの写真
アップで見るとこんな感じ。表面のテクスチャーもイメージどおり仕上げてくれました。
モールテックス仕上げ細部の写真
モールテックス仕上げ細部の写真
この上から保護剤でコーティングする方法もあり、そちらは表面に薄い膜が張ったような
見た目になります。このカウンターは頻繁に水や油跳ねが付くような場所でもないため
お施主さんとサンプルで相談の上、素地仕上げに決定。蜜蝋ワックスのような自然系の
メンテナンス材を用意してくれたのでお手入れの際はこれを使って行うことができます。

革製品なんかにも通じますが、ときどき自分で手を入れながら経年変化とともに出る
味わいを楽しめる、育てていける素材って良いと思いませんか?

関連記事:モールテックス


2017-11-25 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築 

 

白く

『通り土間の家』クロスが仕上がってきました。
クロスを貼る前のユーティリティー
クロスが貼られると・・・
クロスを貼った後のユーティリティー
真っ白!室内も明るく見えます^^


2017-11-24 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築 

 

阿弥陀籤

『通り土間の家』のロフト(畳コーナー)の階段脇にあるあみだくじ。
ロフトから下りるときは奥から3番目のくじを引いていただきまして、それを辿って行くと
ちょうど1階床ににたどり着くことが出来るようになっています。
ロフト階段脇にある造作の固定棚


2017-11-18 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築 

 

『大屋根の家』上棟

いよいよ待ちに待った上棟です。
Oさんおめでとうございます!

この家では梁の見えない大きな吹抜空間を実現するため、屋根はすべて“登り梁”で構成。
クレーンで荷揚げをしている写真
餅投げと合わせて二日間の日程でした。
こうして見ると、二階建てなのにパッと見は平屋のように見えますよね。
それが“大屋根”の特徴であり、この家の外観上のコンセプトです。
平屋に見える2階建ての家の写真
やりきった感の良く出ている監督Nさんの後姿。お疲れ様でした^^
ここ全部吹抜ですからね~、今後の工事が楽しみです!
登り梁で構成された大屋根の写真


2017-11-13 | Category 大屋根の家 《NEW!》, 建築 

 

『通り土間の家』内部足場

内部の資材も減り、落ち着いてきたな~と思っていたら再びの大混雑。
居間の吹抜全体にドーンと内部足場が出来ていました。
手が届く範囲のプラスターボードはほとんど貼り終えましたが、高い所は足場を組みます。
居間の吹抜に設置された内部足場の写真
階段部分。窓から陽の光が射しこんでいます。
光が射している階段の写真
内装の仕上げ工事に向け、現場は着々と進んでいます。ここからは早いですよ~!


2017-11-10 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築