blog|Casa design アーカイブ

2017年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
イームズハウスバードの写真
来月完成する物件、現在打合せ中の物件、これから打合せに入る物件と
ありがたいことに2017年も忙しくできそうです。
設計事務所を設立して4年が過ぎ、それなりに順調に来てはいるものの
決して現状に満足している訳ではなく、常に変革はしたいと思っています。
どんなふうになっていきたいのか思い描いて、楽しみながら変わっていける年にしたいです。

皆さまにとっても今年が良い1年でありますように。


2017-01-04 | Category お知らせ 

 

碧南の家

2016年最後、『碧南の家』をWorksに追加しました。
Worksへ
ボルダリングができるリビングの写真
みなさま本年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。
良い年末年始を過ごされることを願っています。

Casa design 冬季休暇について
2017年1月1日~1月7日までをお休みとさせていただきます。
この間、電話やメールなどの対応が遅れてしまうかも知れませんが
頂いたご連絡には必ず折り返しをいたします。
ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

それでは良いお年を!


2016-12-31 | Category 碧南の家, 建築, お知らせ 

 

『一文字の家』引き渡し

うまい具合にクリスマス当日、岡崎市『一文字の家』の引き渡しが行われました。
Nさん、おめでとうございます!
岡崎市 一文字葺の外壁 外観写真
テーマとして“アジアンリゾートな雰囲気にしたい”という要望が当初からあり、
住宅が密集する市街地でそれをどのように解いていくかが課題でした。
その雰囲気を最大限演出するための入れ物(=家)はこれで完成したので
あとは小物や雑貨、水鉢、植物など一貫したテーマを持って追加して行くことで
どんどん“らしさ”が出てくると思います。

設計開始から完成まで1年ちょっと。
初回プランと実際に完成した家とで、これほど何も変わらなかった事は初めてです。
途中、こんなに順調でいいんだろうかと逆に不安になるぐらいに(笑)
でもそれは提案した内容が1発で期待に応えられている、ということなので
設計者としては目指すべき理想の形であるし、とても嬉しいことなのです。
高額な部類に入る一文字葺きの外壁も含め、こちから提案したほぼすべてのことを

「いいですね、いいですね」

と言って聞き入れて下さった施主のNさん。
これでいいんだという自信にもつながり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
いい家になったと思います!ありがとうございました!

PS.Nさん、昨日外構工事の様子を見に行ったら、ほぼ完了していましたね。
正面の植栽は等間隔ではなく、玄関側と木製ルーバーの前部分に集中させるよう
外構屋さんに直接お願いしておいたので、シダ類がすごいワサワサしてました。
ダイニングからも木製ルーバーの隙間越しにその様子が見えるはずです。
快晴の日を狙って外観写真だけ別で撮りに伺いますので、そのときにまた^^


2016-12-27 | Category 一文字の家, 建築 

 

『一文字の家』おさらい

現場に行って確認して写真を撮ることは、いつも通りやっていました。
11月初旬から予定外の事がいくつも重なりすぎてブログを書いているような場合ではなく、
『一文字の家』の、工事後半の進捗状況がまったく報告できていませんでした。

今更になってしまい、施主のNさんに申し訳ないやら情けないやら・・・
今回は順を追い、撮りためていた現場写真を抜粋で紹介しようと思います。

フローリングが貼られ始めた頃。
“ローマンチーク”という名前で売られている、色合いがチークに良く似た木材です。
ローマンチークのフローリングの写真
コンセントBOXを納めるため、柱と柱を少し離して立てています。
予定通りにピッタリ納まりました。
コンセントを取り付けた写真
洗面室に付けたスチールの物干し竿は加治屋さんに作ってもらいました。
スチールの物干し竿
キッチンのレンジフードを囲う垂れ壁。
キッチンレンジフードの囲い
レンジフードは取り付ける高さの基準が決まっていて、それが結構低いのです。
あれに頭をぶつけるなと言うのは、身長175センチ以上ある人にとっては無理というもの。
最初は気を付けていても、いつか必ずやらかします。
その際被害を最小限にするため、角部分を数センチ面取りしてあります。

ウッドデッキの目隠し用木製ルーバー(の原寸模型)。
現場で大工さんが見え方を確認するために作ってくれていました。
木製ルーバーの写真
キッチンの腰壁は墨モルタルの左官仕上げです。
素材感がそのままあらわれるので、最近とても気に入っている仕上げ方。
ただ、この仕上げ方でもっともっと狙った通りの表情を自在に作り出せるように
左官屋さんは腕を磨いてほしい。難しいのは十分理解しているけれど。
モルタル塗りのキッチン腰壁の写真
スキップしているバルコニー同士を繋ぐスチール階段。かなり重いです。
男3人がかりで運んだのですが、もう2階への階段上がってる途中で死ぬかと思いました。
運搬中のスチール階段の写真
無事、死なずに設置完了です。
バルコニーに設置したスチール階段の写真
いよいよ完成。夜間に照明をチェックしに行って来ました。
ウッドデッキに設置したマリンランプに照らされた、中庭の白い外壁。
ウッドデッキと中庭の照明
中庭のマリンランプと、天井の間接照明だけでも室内は良い感じです。
Nさん、先日言い忘れましたが、この照明チェックのとき気づいた事があります。
今の時期、夜中11時頃に全部照明を消してリビングから東南の空を見てみてください。
ちょうど吹抜のFIX窓からオリオン座が見えますよ^^
マリンランプと間接照明
後半を駆け足で振り返りましたが、実は去る12月25日、ちょうどクリスマスの日に
『一文字の家』の引き渡しをしました。
それはここにまとめず、この次のブログに書こうと思います。


2016-12-26 | Category 一文字の家, 建築 

 

一文字葺きの外壁

『一文字の家』の足場が撤去され、ファサードが見える状態になりました。

道路側に沿った外壁は、全面ガルバリウム鋼板の一文字葺き。
上階のスチール手すりが付いているところは広いバルコニーになっています。
ガルバリウム鋼板一文字葺のファサードとスチール手すり
構想段階で作ったパースと比べてどうでしょうか。→ 完成予想パース
当初思い描いたコンセプトに、かなり近い形のまま進んで来られたと思います。
ガルバリウム鋼板一文字葺のファサード
白の吹付塗装は滑らかに見えるよう、極力表面がザラザラでない種類のものを選びました。
中間で一文字葺きが途切れている部分には、この後木製ルーバーが付いて一体になります。

内部の仕上げ工事の進捗はまだこれからといったところですが、全貌を隠していた
足場が無くなると一気に終盤に入った実感が湧きますね^^


2016-11-12 | Category 一文字の家, 建築 

 

明るい単焦点

今を遡ること3ケ月。とうとう買ってしまいました、明るい単焦点レンズ!
「SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary」!
SONYのEマウント ミラーレス一眼用のレンズです。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary。そのご尊顔。
sigma-30mm-f1-4-dcdnの写真
「純粋に自分の楽しみのためだけ」に、まとまったお金を使ったのはいつ以来ぶりか・・・
キズなどを付けないよう、レンズフィルターも同時購入しました。

さて、明るい単焦点は一体なにがそんなに良いのか。そもそも“明るい”ってどういう事?
一言で言えば、このタイプのレンズはとにかく背景がボケるのです。
ピントが合う範囲が狭いんですね。(絞れば全体にピントを合わせることもできますが)

そして“明るい”とは、たくさんの光が取り入れられるレンズだという事。
より少ない光で撮れる=シャッタースピードが早くなる=手ブレしにくい。
つまり薄暗い室内での撮影にも強く、例えばろうそくの薄明りで照らされた料理なども
三脚を使わず手持ちできれいに明るく撮れる訳です。
型番にある“F1.4”の部分をF値といい、ここの数値が小さいほど明るいレンズになります。
このあたりの話はいろんなサイトで詳しく解説がなされていますのでこれぐらいにし、
お盆に帰省した際、初めて単焦点レンズで撮った写真を何枚か載せたいと思います。

思い知るがいい、F1.4 その実力・・・!

フキの葉の上に乗った水玉と、それをつつくアリ。(この時まだ8月なので、夏の写真です)
フキの葉の上の水玉とアリの写真
カメラ:SONY NEX-7 レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

落ちていた若い毬栗。(この時まだ8月なので・・・以下同文)
若い毬栗の写真
カメラ:SONY NEX-7 レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

満開の百日紅。(この時まだ・・・以下同文)
8月の百日紅の写真
カメラ:SONY NEX-7 レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

田んぼの畔に生えた、生命感あふれる下草。(こ・・・以下同文)
下草の写真
カメラ:SONY NEX-7 レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

子ウサギ。動き回るので、さすがに目にピントを合わせるのに苦労しました。
ウサギの写真
カメラ:SONY NEX-7 レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

庭にあった何かの鉢植え。
鉢植えの写真
カメラ:SONY NEX-7 レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

玄関に置いてあるバリニーズカップルの石像。
バリニーズカップルの写真
カメラ:SONY NEX-7 レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

裏庭から庭園灯越しに家の方を見たところ。
夕暮れの裏庭の写真
カメラ:SONY NEX-7 レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

ごまかさないよう、これらは補正をかけていない“JPEG撮って出し”ですが、
レンズを変えただけで心なしか写真が上手くなった気になれます。
これをさらにトリミングやら、明るさ・色調補正やらで上手く整えてやることにより
それらしい写真が出来上がるんですね・・・わかります!!

ならばと、かねてより興味のあったInstagramにも最近はそろそろ挑戦してみたいなと
暇も無いのにそんなことを考えています。


2016-11-11 | Category 趣味 

 

夕景もきれい

『碧南の家』の竣工写真の選別作業が全然進んでいません。
何せ撮ってきた写真が数百枚で、その中からWORKSに載せるのは8枚。
じっくり腰を据えて、それこそ1日仕事でやる覚悟じゃないと片手間ではできません。

撮影の時に、もっと時間をかけて一枚一枚のクオリティを上げた方がとも思いますが
写真の腕も未熟なため、とにかくいろんな構図でたくさん撮っておかないと不安なのです。

このあたりはWORKSに載せる予定は無いですが、日没直前の空の色がきれいです。
夕景
もう少し時間が進んで群青色の空。
群青色の空の写真
この他にも同じ時間帯で撮った写真が何枚かあり、それらは使うかもしれません。
施主のNさんもまだかまだかとHPをのぞいてくれているようなので申し訳ない限り。
ね、年内には・・・


2016-11-10 | Category 碧南の家, 建築 

 

『一文字の家』大工工事完成

『一文字の家』は大工工事が終わり、これから仕上げ工事に入ります。
施主のNさんにも現場でプラスターボードが貼られた室内を見てもらいました。

掃出しサッシを付けた洗面室。物干し用のウッドデッキに直接出ることができます。
今は外壁塗装のため、窓がマスキング用シートで覆われていますが本当は透明ガラス。
物干しデッキは壁で完全に囲まれているので、それでも問題ありません。
洗面台の端を支えているつっかえ棒も、最終的には取り外して片持ち形式になります。
大きな窓のある洗面室
造作のダイニングテーブルなどの色を決めるため、塗装屋さんにも来ていただきました。
これは“オスモカラー”という種類の自然塗料。
オスモカラーの色合わせ
二階から見下ろした階段。手すりはタモ材、ブラケットはスチールを使った造作です。
二階から見た階段の写真
階段下の空間はご主人のためのスペースです。
パソコンが置ける程度のデスクがあり“書斎”と呼ぶにはやや小さい空間。
こういった穴ぐらのような奥まった空間の事を、建築用語では“DEN(デン)”といいます。
階段下書斎の写真
あとはクロスが貼られてくるといよいよ完成形が見えてきますが、その前に
2,3点クリアしなければいけない問題もあるので、まだまだ気は抜けません。


2016-11-09 | Category 一文字の家, 建築