blog|Casa design アーカイブ

阿弥陀籤

『通り土間の家』のロフト(畳コーナー)の階段脇にあるあみだくじ。
ロフトから下りるときは奥から3番目のくじを引いていただきまして、それを辿って行くと
ちょうど1階床ににたどり着くことが出来るようになっています。
ロフト階段脇にある造作の固定棚


2017-11-18 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築 

 

アンティーク調の花

鮮やかな色をした花の写真ももちろん良いですが、こんな感じも好きです。
彩度を抑えたピンク色の花の写真
元は結構明るいピンク色ですが、Lightroom で彩度を落としたりいろいろしました。
バラやガーベラはアンティーク調の良いサビレ具合になりますが、ユリだけは
ただくすんだだけ。素材によって適した加工の仕方も違うんでしょうね。


2017-11-15 | Category 趣味, 雑貨 

 

『大屋根の家』上棟

いよいよ待ちに待った上棟です。
Oさんおめでとうございます!

この家では梁の見えない大きな吹抜空間を実現するため、屋根はすべて“登り梁”で構成。
クレーンで荷揚げをしている写真
餅投げと合わせて二日間の日程でした。
こうして見ると、二階建てなのにパッと見は平屋のように見えますよね。
それが“大屋根”の特徴であり、この家の外観上のコンセプトです。
平屋に見える2階建ての家の写真
やりきった感の良く出ている監督Nさんの後姿。お疲れ様でした^^
ここ全部吹抜ですからね~、今後の工事が楽しみです!
登り梁で構成された大屋根の写真


2017-11-13 | Category 大屋根の家 《NEW!》, 建築 

 

『通り土間の家』内部足場

内部の資材も減り、落ち着いてきたな~と思っていたら再びの大混雑。
居間の吹抜全体にドーンと内部足場が出来ていました。
手が届く範囲のプラスターボードはほとんど貼り終えましたが、高い所は足場を組みます。
居間の吹抜に設置された内部足場の写真
階段部分。窓から陽の光が射しこんでいます。
光が射している階段の写真
内装の仕上げ工事に向け、現場は着々と進んでいます。ここからは早いですよ~!


2017-11-10 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築 

 

継手と仕口

土台敷きが終わった『大屋根の家』。
建築用語では材と材が取り合う部分の加工の事を“継手”または“仕口”といいます。
材を長さ方向に延長させるとき(材が平行)は“継手”と呼び、材が直交しているときは
“仕口”と呼んで区別されています。

これは材が同じ方向なので継手。【腰掛け鎌継ぎ】という名称です。
土台の継手
これは材が直角に当たっているので仕口ですね。【蟻掛け】です。
土台の仕口
土台で使われるのはほぼこの二種類で、これが梁になるともっと種類が増えます。
現代ではこうした継手・仕口の加工はコンピュータ制御により、自動化されたプレカット
機械で行われるのが普通ですが、大工さんはノコギリとノミでこれが出来ます。
複雑に加工された木材がピッタリと納まる様は、さすが職人技だなと感心させられます。


2017-11-08 | Category 大屋根の家 《NEW!》, 建築 

 

下準備

西尾市『大屋根の家』の現場では、週末の上棟に向けて大工さんが下準備をしていました。
すでに基礎の上には土台が敷かれ、床合板を受けるための材を順番通り並べている所です。
上棟の準備で並べられた大引の写真
この家は室内の土間が占める割合が大きく、熱損失を防ぐために土間部分の基礎立上がり
に沿って断熱材が入っています。土間になる部分は後からコンクリートを打ち増しです。
ネオマフォーム|基礎立ち上がり部分の断熱施工
基礎と土台の間には基礎パッキンという部材がかませてあり、床下の換気をするため
通常は通気タイプを使用します。真横から見ると向こう側が見えますね。
通気タイプの基礎パッキン
対して玄関その他、室内側に土間がある場合は“床下”が無いため通気は無意味。
無意味どころか、隙間風など悪影響しかないため気密型の基礎パッキンを使用します。

こちらが気密基礎パッキン。今度は向こう側が見えません。
気密基礎パッキンの写真
土間には強力な薪ストーブを設置。これはその背後に造った、RC造の遮熱壁です。
薪ストーブの遮熱壁になるRCの壁
週末にはいよいよ家が立体になります^^


2017-11-06 | Category 大屋根の家 《NEW!》, 建築 

 

沓脱石【くつぬぎいし】

発注していた大谷石の沓脱石が『通り土間の家』の玄関に設置されました。
大谷石の沓脱石
家に上がるときは靴を脱ぐ習慣のある、日本ならではの文化ですね。
室内を神聖な場所と考える日本では、これが外界との明確な線引き、一種の結界とされます。
そう考えるとやはり日本産の石が相応しいだろうし、沓脱石が引き立つしつらえにしたい。
床と土間の段差を解消するための、単なるステップとは少々意味が違うのです。


2017-11-05 | Category 通り土間の家 《完成!》, 建築 

 

屋根からの眺め

『上条の家』は屋根の瓦が葺き終わりました。
足場ネットが張られているため、まだ下からだとよく見えません。
足場ネットが張られた家の全景写真
秋晴れの空に映える瓦。光に当たるとシルバー色の金属光沢が見られます。
ここではフラットタイプの平板瓦を使用しました。
フラットなタイプの平板瓦
雨の日だとこのような色に見えます。瓦って雨も似合いますね。
雨の日の平板瓦


2017-11-03 | Category 上条の家 《完成!》, 建築